キャッシング 有意義

初めてのキャッシング基礎知識☆これであなたも安心利用

MENU

有意義なキャッシングを

とは言っても、この不況の中では、まともな仕事を探すだけでも苦労する時代です。
時給の安いアルバイトでは生活費にも苦労することがあるでしょう。

 

そんな時に、アルバイトでも借りられるキャッシングは魅力的かもしれません。ですが、一歩踏みとどまって考えなければいけないのは、
今借りても「問題の解決にならない」ということです。生活費が収入を上回っているなら、
生活費を切り詰めるか収入を上げることが問題を解決する手段であって、借り入れをしても問題は解決しません。

 

そういう意味では、お金を借りて解決できる問題はほとんどなく、結局は解決を先延ばしにしてさらに苦しくなる原因を作るだけなのです。

 

例えば、生活費を切り詰めるための情報は「節約」というキーワードで検索すればいくらでも出てきます。

 

その中には、自分がまだやっていないこともあるかもしれません。また、国民年金の保険料は収入が低い人は免除されます。
毎月1万5千円の支払いが無理なら、市役所の年金課に行って申請すれば、収入に見合った金額に減免されます。

 

また、給料から天引きされている所得税も、あとから確定申告を上手に使うことで還付を受けられたり、住民税が軽減されたりすることもあります。
この時に大事なのは、こういう情報をいかにして集めるかということです。

 

ほとんどの人は、こういう情報を知らないまま収入に見合わない負担をしているだけなのです。
もちろんある程度専門的な知識が必要になりますから、詳しい友人に聞くか、もしくはそういった相談を無料で行っている機関もありますので、
まずは情報を集めて「問題を解決する」方法を探しましょう。

 

それでも、あえて借金をするなら、何のための借金なのかをよく考えましょう。
例えば資格を取るなど前向きな目的でする借金なら意味があるでしょう。
その資格を使って収入アップを目指すなら、そういう時こそ「手軽に」そして「気軽に」借りられることがメリットになるのです。