キャッシング 気軽に借りる

初めてのキャッシング基礎知識☆これであなたも安心利用

MENU

キャッシングは気軽に借りていいの?

もう一つ、冒頭でご説明したのは「気軽に」借りられるという点です。ですがこちらも、本当に「気軽に」借りていいのでしょうか?

 

たしかにキャッシングは、原則として担保も保証人も不要ですから、返せなくなったとしても人に迷惑をかけることはありません。
では返さなくていいのかというと、もちろんそんなことはなく、借金は利息をつけて返すのが当たり前です。

 

返せなければ、もっと大事な「社会的信用」を失います。
今はいいかもしれませんが、後で本当に必要になった時に借り入れができなくなるのです。

 

例えば、若いころにキャッシングをして完済していたとしても、後年になって住宅ローンが組めないことがあります。
基本的にお金を貸すかどうかは貸す側の自由ですから、過去にキャッシングをしていたという事実だけでもマイナス材料になる可能性はあります。

 

また、完済していても返済の遅延を繰り返していれば、さらに大きなマイナス材料になります。
金融機関は信用情報機関に借りた人の返済情報を記録してありますから、ここに情報が残るだけでも社会的信用という点ではマイナスだと考えておいた方がいいでしょう。

 

また最近では、賃貸住宅の保証会社が保証審査をする時に、この信用情報を用いることがあります。
この場合、そのような利用の仕方は個人情報保護法違反になる可能性もあるのですが、
実際に利用されたかどうかを個人で調べることはほぼ不可能で、違法性の追求は難しいのが実態です。
結果として、家賃の安い部屋に引っ越そうと思ってもアパートも借りられない身分になってしまっているのです。

 

「今」だけを考えていたら、その「気軽さ」は自分の首を絞める場合があることを覚えておいてください。