キャッシング用語

初めてのキャッシング基礎知識☆これであなたも安心利用

MENU

キャッシング用語を理解しよう

キャッシングを理解する上で重要な用語をいくつかご紹介します。

 

「元金・元本(がんきん・がんぽん)」とは、借りたお金そのもののことです。
「借入金(かりいれきん)」もしくは「貸付金(かしつけきん)」と同じ意味ですが、通常、借入金は最初に借りたお金を指すことが多いのに対して、
元金・元本は返済中の残り分を指す場合が多いです。

 

例えば10万円借りてその内2万円を返済した場合、残りは8万円です。
この時、最初の10万円が借入金、まだ返していない8万円が残元金(残元本)、というように使われます。

 

「利息」とは、借りたお金に上乗せして返す金銭を言います。10万円借りて10万円返しただけでは、
貸した側はただのボランティアになってしまいます。そこで、借りた10万円に別の金銭を上乗せして返すことになります。
この上乗せ分が利息です。この利息については後ほど、詳しくご説明します。

 

「担保」とは、お金を借りる際に、返せなくなった時の残りの借入金を補償するために差し出す物品のことです。
本来、どんなものでも担保になるのですが、貸した金額に見合うだけの価値がなければ補償できないため、
通常は高額でかつ換金性が高い貴金属などが使われます。その場合、その物品は貸し手に預けるのが原則です。

 

質屋さんに質草を預けてお金を借りるのはこのシステムです。

 

返済できなくなると質流れとして、預けた質草は質屋さんのものになります。
また、家や土地などの不動産を担保にする場合も多いのですが、動産・不動産、いずれの場合も注意しなければならないのは、
原則として「担保を取り上げられても借金は残る」ということです。

 

例えば住宅ローンで2000万円を借りて、600万円を返済したところで返せなくなったとします。
残りの1400万円を埋めるために銀行は家と土地を競売にかけるのですが、仮に1000万円で落札されたとしても、まだ400万円が残っています。

 

これは別に返済しないといけないのです。もちろん、家も土地も失います。
家を失った上にさらに借金まで残るということを、覚えておかなければいけません。